ツールドにし阿波試走会に行ってきた(5) 過激ですね。この登り。ホッとしたら神様降臨!!そして終了へ

なんだかこの試走会が終わってまもなく一月経ってしまいそうで、記憶が定かではなくなってしまって記事どころではないです。(;´Д`)
とりあえず、今回で簡単に書き上げてしまおうかなあと思ってしまっております。

この試走会の後も試走会の第2弾に行ってきたり、卯辰越や、大坂峠でSTRAVAのパーソナルベストを出したりと、それなりに乗っているんで書かないといけないなあと思いつつ、なかなかPCに向かう時間がとれないもどかしさであります。まったりでいいよ―って行ってくださる方はポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

さて、パンクの恐怖と急な下りでの手のしびれ&疲れをやっと乗り切り、栃之瀬小学校の前でパンを補給した私達ですが、あんまり長時間休んでるわけには行きません。
そうです。この後、少し平坦を移動したあと、本丸の落合峠に挑まなければならないのですから。
コース案内によると激坂12kmと書いてありますね。平均斜度は8.3%だそうです。まあ、ここまで来た以上、頑張って登るしかありません。私も以前に落合峠に登ったことがあるのですが、こちらがわからは初めてです。下った印象では、何箇所か、ほんとうにやばいところがあったような記憶が。

などと思いつつ移動していきます。
トンネルを抜けて
写真 2016-04-02 13 30 38 写真 2016-04-02 13 30 55
こんな風景の中を落合集落に到着です。平家の落人のむらであります。ひっそりとした山の中で、隠れ里という感じがよくわかります。実際に冬期はここに向かう道の多くが冬期閉鎖されるということからもどれだけ離れているかわかると思います。

というわけで落合集落にある分岐点に到着です。
写真 2016-04-02 13 32 37 写真 2016-04-02 13 32 40 写真 2016-04-02 13 32 44
ここからが落合峠に向かう坂の始まりです。はじめはそれほどではないのですが途中、少しだけゆるくなったあと激坂が続きます。ほぼ10%は超えていた印象ありです。
みなさんも初めての挑戦者が多く、不安そうな目で見上げてますね・・・(;´Д`)
ここまで来ると、もう引き返せません(嘘です)
まあ、坂バカ坂大好きな方達は喜々としてすっ飛んでいかれました。
さて、全員が登り始めたので、私もスタート。

I さん、M さんあたりがそれほど坂に慣れていないということで彼らについてゆっくりと登ることにします。
はじめからかなり強力な坂があったような。多分10%超えをするのは当たり前だったと思います。まあ、先は長いので、ゆっくりと登っていきます。
落合集落を抜けたあたりで一旦平地になるんですが、そこから落合集落を見渡すことができます。ここからの景色結構好きなんですよね。
写真 2016-04-02 13 49 15
ピンぼけですが、こんな感じで見えてます。

ここを超えると坂が急になり始めます。ほとんど2桁で、一桁に落ちることは殆ど無かったような・・・
写真 2016-04-02 14 24 23
途中、Dさんが電話にでてるのを追い抜いたり、しつつもゆっくりと上がっていきます。私もラストのI さんを放置しないように時々振り返りつつできるだけ横について軽いギアで回すことを意識して引き足を使うことを伝えつつ、励ましていきます。
途中、Dさんが追いついてきたりMさんに追いついたりを繰り返しつつゆるゆると登って行きました。

が、ついに力尽きてI さん痛恨の脚付き。
写真 2016-04-02 14 24 13

基本、I さん、お仕事が忙しく、私のように暇人ではないので、あまり坂の練習とかできない様子。ですが、嫌いではないということで時間ができると一人で走りに行ったりもしているようです。

が、やはりここの坂はかなり強力です。13-14%がやたら出没してくる上に平坦が殆ど無いという・・・普段乗れてない方にはこちらのほうがきついようですね。ずっと登りが続くのが。
まあ、修行ですもんね・・・。
そういう自分も落合峠初挑戦の時、足つきなしで頑張ろうと思っていたのにもかかわらず最後の最後に心が折れたのを思い出しました。

一度脚をついてしまうと心が折れてしまいます。
この後も何度も脚付きをしながら少しずつ少しずつ登って行きました。(どうもMさんも少し先で同じよような状態だった様子で、時々追いついたりしながらの登りでした。地味に、クリートの付け外しが一番つらかったようにも思いますね・・・この時はスピードプレイの素晴らしさを実感ですね。なんたって、場所さえちゃんと合わせればペダリングすればハマるんですから。SPDやSPD-SL では必ず引っ掛ける操作が一個はいるんで急な坂ではきつそうです。ちなみにI さんはSPDなのでかなり苦労されてたようです。(;´Д`)

その後、2/3ほどのところだと思うんですが、数名の方が休憩されてたので合流して少し休憩。
休み過ぎない程度で出発。
写真 2016-04-02 14 40 50
この後も何度も何度も脚をつきながらもI さんは頑張ります。途中チェーン落ちがあったりトラブルを越え、更に登ってると上からマスターKことK さん(最近実業団に参加されている超実力者です。ショップサイクリングではトップクラスの実力をお持ちです。)が、下ってきて迎えに来てくれました。
あと少しですよ~という魔法の言葉とともに。
まあ、ローディーのこの言葉を信じるとろくなことがないんですけどね。
結局その後も10%超えの坂が数Km 続いたところでやっとゴールです。
ついに徳島の舗装道路での最高高度の場所に到達です。標高1520mです。
写真 2016-04-02 15 41 12
無事参加者全員がここに到達することができました。
最高ですね!!

とか言ってますが、この場所、標高が高い上に写真でもわかるように寒い、寒すぎる。
先に到達してた方達はとにかく寒いので少し降りたところで風よけをしつつ休んでおられました。(流石にお代わりに行く人はマスターKを除いていなかったようでした。)
なんとこの辺にはまだ雪が残っていて(写真を撮り忘れる痛恨のミス!!)、そりゃ、寒いはずです。
こんな中で皆さん、待ってくれていました。ほんとうにありがとうございますって感じですね。凍えておられました。

というわけで早々に桟敷峠方面に下っていきます。
ここも斜度が10%を越えるところが続出で、平均7.5%の下り。
ただ、京柱峠の下りほど荒れておらず、ほんとうに助かりました。特にトラブルもなく、快適に下っていきます。
そのまま松尾川ダム?まで降りてきました。あとは桟敷峠ですが、ここはほんの少しだけ登るだけです。

しかしここまで徳島では特に過激な2本の峠を越えてきたこともあり、経験の少ないメンバーはかなりのグロッキー状態。なかなか登れないですね。

先行隊はやっぱりどんどんと登って行ってました。
私は最後尾について走っていきます。
と、なんだか座り込んでいる人影が・・・

なんと神様が降臨されているようです。
一番危ないと思われていた京柱峠の下りで大丈夫だったんでなんとなくこの日はないかななんて思っていたのですが、やっぱりそううまくは行かないようで。
写真 2016-04-02 16 34 15
K内くんにのもとに降臨しておりました。まあ、結構ベテランも多く、さくっととは行きませんがパンクを修理して最後の坂へ。

つづら折れの坂なのですが、意外とあっという間に終わってしまいました。
頂上では皆が待ってくれてます。
写真 2016-04-02 16 50 56 写真 2016-04-02 16 51 00
本日の登り終了!!ということで無事を確認したあと最後の行へ。
このあとは急ですが、かなり道路状況は良く、あっさりと下山。前の方ではなんだか軽くダウンヒルが行われていた様子でした。(私も参加したかったなあ・・・)

下山後、本来のコースではぶぶるパーク三加茂から、吉野川を越えて北岸へ移動するのですが、既に時間がやばそうだったので、そのまま国道を移動し、スタート地点である吉野川運動公園に帰っていったのでした。

この日は知ったコースはこんな感じです。


ほんとうに楽しめました。
ただ、登りで脚付きを繰り返したメンバーたちが山に行くのが嫌にならなければ良いんですけどね~。
(コレに関しては問題なさそうです。多分彼らはこの日で更に強くなったことでしょう。)

というわけでツールドにし阿波試走会はパンクはあったものの、落車や怪我、故障もなく無事に終了したのでした。
(私は自分のペースがわからなかったので、本番に対する不安が残ってしまったのは内緒です)

でもやっぱり大勢で走るのは楽しいですね。それは間違いないです。
充実した一日でした。
ということで、お疲れ様って感じでポチッとしていただけると次へのモチベーションに繋がりますのでよろしくお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

と言うかその前にちゃんと更新しろよって感じですよね。
次回更新時は、4月、意外と走ったのでそのへんのまとめを綴りたいと思います。
それと、怪しいグッヅ購入やらニュージャージやらのネタが溜まってますのでゆるゆると書いていきますので、見捨てずに見守っていただけると嬉しいです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちゃんと更新しないとプンプン丸だぞう〜!!!

ちなみに、このイベントの真の地獄は、最後の雲辺寺ですぜ〜!!!

No title

試走、お疲れ様でした。
写真にT原さんが写ってますね~。
落合峠、私も一昨年(だったかな?)のにし阿波で走りましたが、インナーロー固定でゆ~~~っくり登りました。それでも足つきこそなかったものの、腰が痛くて頂上(?)のエイドでしばらく休憩した記憶があります。

当日はもう少し暖かいと思います。
満喫してくださいね~。

Re: No title

yagさん、叱咤激励、ありがとうございます。

この後、続けて書こうと思っていたのですが、いろいろと大変で。
5月5日の記事で少しだけ更新が滞ってしまったことのお詫びをさせていただきました。

西山からの雲辺寺は22日に登ってきました。
西山は気持ちいいコースですね。ただ、京柱峠、落合峠、桟敷峠、吉野川の逆風を終えたあとのあそこはかなりしんどそうですな。雲辺寺はコースに組み込まれていないことにほんとうに安心しました。あんなんが入ったら10時間なんて絶対無理です。

> ちゃんと更新しないとプンプン丸だぞう〜!!!
>
> ちなみに、このイベントの真の地獄は、最後の雲辺寺ですぜ〜!!!

Re: No title

きっちょむさん、コメントありがと~!!
返信が遅くなってごめんなさい。(理由は少しお詫びとして書かせていただきました)

T原さんにはいつもお世話になっております。
ついににし阿波もあと10日ですね。せっかく調整してきていたんですが、ゴールデン・ウィークになってボロボロです。
週末ちゃんと乗らないと。

きっちょむさんがそんなにきついって・・・と思いましたが、確かきっちょむさん、自走でスタート地点に行ったって言ってませんでした?私には無理です。スタートまで行ったところで力尽きていることでしょう。

本番は完走を目指してマイペースで走ろうと思ってます。ギリギリ鬼脚認定を狙ってます。応援よろしくです。

> 試走、お疲れ様でした。
> 写真にT原さんが写ってますね~。
> 落合峠、私も一昨年(だったかな?)のにし阿波で走りましたが、インナーロー固定でゆ~~~っくり登りました。それでも足つきこそなかったものの、腰が痛くて頂上(?)のエイドでしばらく休憩した記憶があります。
>
> 当日はもう少し暖かいと思います。
> 満喫してくださいね~。
プロフィール

まさぶる

Author:まさぶる
技術系サラリーマンのまさぶるです。
新たな趣味として自転車を始めましたさてどうなることでしょうか。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
287位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ村
日本ブログランキング
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト